タグ: 相続について考えよう

相続で贈与税がかからない場合を国税庁が言う

相続や遺贈により財産を取得した人が、相続があった年に被相続人から贈与により取得した財産 ・・・・・・この場合は、贈与税ではなく、相続税が かかります。

★宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を
行う者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に
使われることが確実なもの
★奨学金の支給を目的とする特定公益信託や財務大臣の指定した特定公益信託から交付される金品で一定の要件に当てはまるもの
★地方公共団体の条例によって、精神や身体に障害のある人又はその人を扶養する人が心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
★公職選挙法の適用を受ける選挙の候補者が選挙運動のために取得した金品で、公職選挙法の規定による報告がなされたもの
★特別障害者扶養信託契約に基づく信託受益権
・・・ 国内に居住する特別障害者が特別障害者扶養
信託契約に基づいて信託受益権を贈与により取得した
場合には、その信託の際に「障害者非課税信託申告書」を
信託会社の営業所を経由して特別障害者の納税地の
所轄税務署長に提出することにより、信託受益権の価額(信託財産の価額)のうち、6,000万円までの金額に相当する部分については贈与税がかかりません。
★個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞などのための金品で、社会通念上相当と認められるもの
★相続や遺贈により財産を取得した人が、相続があった年に被相続人から贈与により取得した財産
・・・・・・この場合は、贈与税ではなく、相続税が
かかります。
★直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち一定の要件を満たすものとして、贈与税の課税価格に算入されなかったもの
(そうぞく開始の年に婚姻期間が20年以上である被そうぞく人から贈与によって取得した居住用不動産について、過去にその被そうぞく人からの贈与について配偶者控除を受けていないときは、その居住用不動産について贈与税の配偶者控除があるものとして控除される部分は、そうぞく税の課税価格に加算されず、そうぞく税はかかりません。)

申告を税務署にする前にやることがあるので、相談できるところを挙げます。

区役所の正面にある相続の手続センターの川崎店だ
相続の専門の相談員が在職しているので、困ったことを丸ごと任せられる。全国的に営業しているセンターだ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

遺産の分割の協議又は審判等と相続の開始の原因

第九百七条 共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができます。

2 遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができます。

3 前項の場合において特別の事由があるときは、家庭裁判所は、期間を定めて、遺産の全部又は一部について、その分割を禁ずることができます。

(相続債権者及び受遺者に対する弁済)

第九百五十七条 第九百五十二条第二項の公告があった後二箇月以内に相続人のあることが明らかにならなかったときは、

相続財産の管理人は、遅滞なく、すべての相続債権者及び受遺者に対し、一定の期間内にその請求の申出をすべき旨を公告しなければなりません。

この場合において、その期間は、二箇月を下ることができないものとされています。

2 第九百二十七条第二項から第四項まで及び第九百二十八条から第九百三十五条まで(第九百三十二条ただし書を除く。)の規定は、前項の場合について準用することとします。

(相続人の捜索の公告)

第九百五十八条 前条第一項の期間の満了後、なお相続人のあることが明らかでないときは、家庭裁判所は、相続財産の管理人又は検察官の請求によって、相続人があるならば一定の期間内にその権利を主張

すべき旨を公告しなければならないとされています。

この場合において、その期間は、六箇月を下ることができません。

(権利を主張する者がない場合)

第九百五十八条の二 前条の期間内に相続人としての権利を主張する者がないときは、相続人並びに相続財産の管理人に知れなかった相続債権者及び受遺者は、その権利を行使することができません。

(遺産の分割の効力)

第九百九条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生じます。

ただし、第三者の権利を害することはできません。

 

相続における遺族年金などの分配

給付受取は死亡したものと同じく生計を共にしていた相続人のうち配偶者、子、父母などと決められています。

会社員、公務員などの公的年金に加入している人が
なくなった場合、遺族年金や遺族扶助料が支給されます。
これらの給付受取は死亡したものと同じく生計を
共にしていた配偶者、子、父母などと決められています。

相続財産の対象かどうかという疑問も出てくることがあります。

年金というのは死亡した人が積み立ててきた財産とみる場合
相続の対象になるという見方があるのでしょう。
“相続における遺族年金などの分配”の詳細は »

財産の相続だけをしたいとき

不動産屋預貯金、家財道具などは積極財産と呼ばれ、借金などの債権は消極財産と呼ばれますよ

相続とは不動産、預貯金、家財道具などの
者に加えてあらゆる権利や地位も含みます。

その他被相続人に借金があった場合は
債権も相続することとなります。
これらについて不動産屋預貯金、家財道具などは
積極財産と呼ばれ、借金などの債権は消極財産と呼ばれます。
“財産の相続だけをしたいとき”の詳細は »