生命保険金の相続とはなんだ

受取人を指定しない場合は、相続財産の一部として相続人全員で相続することとなりますよ

そうぞく人が被そうぞく人の死亡により保険金を受け取る
ことがあります。

そうぞくの関係としては受取人が誰になっているのかという
ことが重要になってきます。

・・・・被そうぞく人が自分を被保険者としている場合

および受取人とする保険契約を結んだまま保険金受取人を
指定しないで死亡。
“生命保険金の相続とはなんだ”の詳細は »

相続で信託に関する特例

親が子供の財産を信託し、子供を受益者としてそこから生じる収益を子供宛てに授けるというような場合は相続税?贈与税?

自分の財産を特定の専門機関に依頼して
利益を図る制度を信託と言います。

親が子供の財産を信託し、子供を受益者として
そこから生じる収益を子供宛てに授けるというような
場合です。この場合は贈与税の対象となります。
“相続で信託に関する特例”の詳細は »

相続における遺族年金などの分配

給付受取は死亡したものと同じく生計を共にしていた相続人のうち配偶者、子、父母などと決められています。

会社員、公務員などの公的年金に加入している人が
なくなった場合、遺族年金や遺族扶助料が支給されます。
これらの給付受取は死亡したものと同じく生計を
共にしていた配偶者、子、父母などと決められています。

相続財産の対象かどうかという疑問も出てくることがあります。

年金というのは死亡した人が積み立ててきた財産とみる場合
相続の対象になるという見方があるのでしょう。
“相続における遺族年金などの分配”の詳細は »

財産の相続だけをしたいとき

不動産屋預貯金、家財道具などは積極財産と呼ばれ、借金などの債権は消極財産と呼ばれますよ

相続とは不動産、預貯金、家財道具などの
者に加えてあらゆる権利や地位も含みます。

その他被相続人に借金があった場合は
債権も相続することとなります。
これらについて不動産屋預貯金、家財道具などは
積極財産と呼ばれ、借金などの債権は消極財産と呼ばれます。
“財産の相続だけをしたいとき”の詳細は »

最新の記事 »