いろんな相続の発生の事由を想定している

●相続の開始の原因

相続が開始すると、様々な問題が生じうることが多いものです。

また、自然人が死亡すると、相続人がそのことを知ると否とに拘りなく、相続が開始することとされています。相続開始の原因は、人の死亡によっておこります。死亡には、生物学的な死亡と法技術的な死亡にわけられます。

自然死亡とは自然的死亡は、医学的に死亡が確認された状態。この自然的死亡によって相続が開始されるのが一般的。

失踪宣告による死亡なら生死不明者について一定の要件のもとに死亡したものとみなす制度。

失踪宣告とは、法律関係の確定のため、失踪宣告によって死亡したものとみなされる結果、相続が開始します。

失踪には、2つあり、普通失踪と危難失踪とにわかれています。

1.普通失踪

不在者の生死が7年間明らかでない場合

家庭裁判所は利害関係人の請求によって失踪の宣告をすることができる。

2.危難失踪

戦争に臨んだり、沈没した船舶中にいたり、その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、危難の去った後

1年間不明の場合は、家庭裁判所は、利害関係人の請求により失踪の宣告をすることができます。

3.認定死亡・・・・認定死亡とは、戸籍法上の制度で、水難、人災、その他の事変によって死亡した者がある場合において、その取り調べをした官庁等が死亡地の市町村長に、その者の死亡した日時、場所を報告すること。

その日時、場所で死亡したものとして取り扱われる。

(遺言による担保責任の定め)

第九百十四条 前三条の規定は、被相続人が遺言で別段の意思を表示したときは、適用しない。

川崎を拠点にして遺産の分割の協議書を伝授する
ものをまっすぐ言える家族だからこそ、相続のときは意見の対立が激しくなりがちだ。遺産分割協調停に発展しないような話合いをしたいものですね。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む