相続の遺留分減殺請求の手続き

第千三十二条   【 条件付権利等の贈与又は遺贈の一部減殺 】
条件附の権利又は存続期間の不確定な権利を贈与又は遺贈の目的とした場合において、その贈与又は遺贈の一部を減殺すべきときは、遺留分権利者は、第千二十九条第二項の規定によつて定めた価格に従い、直ちにその残部の価額を受贈者又は受遺者に給付しなければならない。
第千三十三条   【 減殺の順序 】
贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、これを減殺することができない。
第千三十四条   【 目的物の価額による遺贈の割合減殺 】
遺贈は、その目的の価額の割合に応じてこれを減殺する。但し、遺言者が
その遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。
第千三十五条   【 贈与の減殺の順序 】
贈与の減殺は、後の贈与から始め、順次に前の贈与に及ぶ。
遺留分減殺請求の手続きは特に難しいことはありません。
裁判上の手続きも必要なく、相続人が遺産をもらった人に対して
請求を起こせばよいことになっています。
一般的なやり方は配達証明付きの内容証明郵便で書面を送ります。
不安な人は司法書士などの専門家に代行してもらうといいでしょう。
第千四十二条   【 減殺請求権の消滅時効 】
減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき
贈与又は遺贈があつたことを知つた時から、一年間これを行わないときは、
時効によつて消滅する。相続の開始の時から十年を経過したときも、
同様である。
(減殺請求権の期間の制限)
1042条 減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。
第千三十二条   【 条件付権利等の贈与又は遺贈の一部減殺 】
条件附の権利又は存続期間の不確定な権利を贈与又は遺贈の目的とした場合において、その贈与又は遺贈の一部を減殺すべきときは、遺留分権利者は、第千二十九条第二項の規定によつて定めた価格に従い、直ちにその残部の価額を受贈者又は受遺者に給付しなければならない。
第千三十三条   【 減殺の順序 】
贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、これを減殺することができない。
第千三十四条   【 目的物の価額による遺贈の割合減殺 】
遺贈は、その目的の価額の割合に応じてこれを減殺する。但し、遺言者が
その遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。
第千三十五条   【 贈与の減殺の順序 】
贈与の減殺は、後の贈与から始め、順次に前の贈与に及ぶ。
遺留分減殺請求の手続きは特に難しいことはありません。
裁判上の手続きも必要なく、相続人が遺産をもらった人に対して
請求を起こせばよいことになっています。
一般的なやり方は配達証明付きの内容証明郵便で書面を送ります。
不安な人は司法書士などの専門家に代行してもらうといいでしょう。
第千四十二条   【 減殺請求権の消滅時効 】
減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき
贈与又は遺贈があつたことを知つた時から、一年間これを行わないときは、
時効によつて消滅する。相続の開始の時から十年を経過したときも、
同様である。
(減殺請求権の期間の制限)
1042条 減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。
プロの頼むと手数料がきになるもの。

http://xn--8ltrsq61dc8f.jp/price/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む