流行に乗ってしまった我が家ですが。

何事も前持った準備が出来ればこした事は無いのですが、難しいですね。

2016年も一ヶ月が終わりました。
暖かい日ばかりではなく、
寒い日も出てきてますね。

“流行に乗ってしまった我が家ですが。”の詳細は »

義務を相続放棄で受け継がなくて済むのだ

知ってから3ヶ月以内という抽象的な決まりだから厄介なのかもしれない。

そうぞくとは、被相続人の財産上の権利と義務の両方を引き継ぐことですから当然と言えば当然でしょうか。

負債が資産をあきらかに上回っている場合は、そうぞく放棄や限定承認を取ることもできます。
“義務を相続放棄で受け継がなくて済むのだ”の詳細は »

いろんな相続の発生の事由を想定している

遺言で瑕疵担保の責任について指定や考えを残せる

●相続の開始の原因

相続が開始すると、様々な問題が生じうることが多いものです。

また、自然人が死亡すると、相続人がそのことを知ると否とに拘りなく、相続が開始することとされています。相続開始の原因は、人の死亡によっておこります。死亡には、生物学的な死亡と法技術的な死亡にわけられます。
“いろんな相続の発生の事由を想定している”の詳細は »

相続財産の金額について

すぐに明確な価格がわからないような不動産。どうやってその価値を調べたらよいのでしょうか。

相続とは、人が死亡したときに、その人のすべての権利や義務を、特定の人が引き継ぐことです。

 

たとえば、ある人が家と土地、現金5000万円、車のローン500万円を遺して亡くなり、

その息子だけが相続人だとします。

その場合、息子はプラス持参も、マイナス財産も受け継がなくてはなりません。


“相続財産の金額について”の詳細は »

住宅取得等資金の贈与の特例

住宅取得等資金とは、贈与を受けた者が自己の居住の用に供する一定の家屋の新築若しくは取得又は自己の居住している家屋の一定の増改築等の対価に充てるための金銭をいいます。

住宅取得等資金の贈与の1,500万円非課税贈与

住宅取得等資金とは、贈与を受けた者が自己の居住の用に供する一定の家屋の新築若しくは取得又は自己の居住している家屋の一定の増改築等の対価に充てるための金銭をいいます。
“住宅取得等資金の贈与の特例”の詳細は »

相続で贈与税がかからない場合を国税庁が言う

相続や遺贈により財産を取得した人が、相続があった年に被相続人から贈与により取得した財産 ・・・・・・この場合は、贈与税ではなく、相続税が かかります。

★宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を
行う者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に
使われることが確実なもの
★奨学金の支給を目的とする特定公益信託や財務大臣の指定した特定公益信託から交付される金品で一定の要件に当てはまるもの
★地方公共団体の条例によって、精神や身体に障害のある人又はその人を扶養する人が心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
★公職選挙法の適用を受ける選挙の候補者が選挙運動のために取得した金品で、公職選挙法の規定による報告がなされたもの
★特別障害者扶養信託契約に基づく信託受益権
・・・ 国内に居住する特別障害者が特別障害者扶養
信託契約に基づいて信託受益権を贈与により取得した
場合には、その信託の際に「障害者非課税信託申告書」を
信託会社の営業所を経由して特別障害者の納税地の
所轄税務署長に提出することにより、信託受益権の価額(信託財産の価額)のうち、6,000万円までの金額に相当する部分については贈与税がかかりません。
★個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞などのための金品で、社会通念上相当と認められるもの
★相続や遺贈により財産を取得した人が、相続があった年に被相続人から贈与により取得した財産
・・・・・・この場合は、贈与税ではなく、相続税が
かかります。
★直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち一定の要件を満たすものとして、贈与税の課税価格に算入されなかったもの
(そうぞく開始の年に婚姻期間が20年以上である被そうぞく人から贈与によって取得した居住用不動産について、過去にその被そうぞく人からの贈与について配偶者控除を受けていないときは、その居住用不動産について贈与税の配偶者控除があるものとして控除される部分は、そうぞく税の課税価格に加算されず、そうぞく税はかかりません。)

申告を税務署にする前にやることがあるので、相談できるところを挙げます。

区役所の正面にある相続の手続センターの川崎店だ
相続の専門の相談員が在職しているので、困ったことを丸ごと任せられる。全国的に営業しているセンターだ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

相続の遺留分減殺請求の手続き

裁判上の手続きも必要なく、相続人が遺産をもらった人に対して 請求を起こせばよいことになっています。

第千三十二条   【 条件付権利等の贈与又は遺贈の一部減殺 】
条件附の権利又は存続期間の不確定な権利を贈与又は遺贈の目的とした場合において、その贈与又は遺贈の一部を減殺すべきときは、遺留分権利者は、第千二十九条第二項の規定によつて定めた価格に従い、直ちにその残部の価額を受贈者又は受遺者に給付しなければならない。
第千三十三条   【 減殺の順序 】
贈与は、遺贈を減殺した後でなければ、これを減殺することができない。
第千三十四条   【 目的物の価額による遺贈の割合減殺 】
遺贈は、その目的の価額の割合に応じてこれを減殺する。但し、遺言者が
その遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。
第千三十五条   【 贈与の減殺の順序 】
贈与の減殺は、後の贈与から始め、順次に前の贈与に及ぶ。
遺留分減殺請求の手続きは特に難しいことはありません。
裁判上の手続きも必要なく、相続人が遺産をもらった人に対して
請求を起こせばよいことになっています。
一般的なやり方は配達証明付きの内容証明郵便で書面を送ります。
不安な人は司法書士などの専門家に代行してもらうといいでしょう。
第千四十二条   【 減殺請求権の消滅時効 】
減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき
贈与又は遺贈があつたことを知つた時から、一年間これを行わないときは、
時効によつて消滅する。相続の開始の時から十年を経過したときも、
同様である。
(減殺請求権の期間の制限)
1042条 減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。
第千三十二条   【 条件付権利等の贈与又は遺贈の一部減殺 】
条件附の権利又は存続期間の不確定な権利を贈与又は遺贈の目的とした場合において、その贈与又は遺贈の一部を減殺すべきときは、遺留分権利者は、第千二十九条第二項の規定によつて定めた価格に従い、直ちにその残部の価額を受贈者又は受遺者に給付しなければならない。
“相続の遺留分減殺請求の手続き”の詳細は »

遺産の分割の協議又は審判等と相続の開始の原因

第九百七条 共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができます。

2 遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができます。

3 前項の場合において特別の事由があるときは、家庭裁判所は、期間を定めて、遺産の全部又は一部について、その分割を禁ずることができます。

(相続債権者及び受遺者に対する弁済)

第九百五十七条 第九百五十二条第二項の公告があった後二箇月以内に相続人のあることが明らかにならなかったときは、

相続財産の管理人は、遅滞なく、すべての相続債権者及び受遺者に対し、一定の期間内にその請求の申出をすべき旨を公告しなければなりません。

この場合において、その期間は、二箇月を下ることができないものとされています。

2 第九百二十七条第二項から第四項まで及び第九百二十八条から第九百三十五条まで(第九百三十二条ただし書を除く。)の規定は、前項の場合について準用することとします。

(相続人の捜索の公告)

第九百五十八条 前条第一項の期間の満了後、なお相続人のあることが明らかでないときは、家庭裁判所は、相続財産の管理人又は検察官の請求によって、相続人があるならば一定の期間内にその権利を主張

すべき旨を公告しなければならないとされています。

この場合において、その期間は、六箇月を下ることができません。

(権利を主張する者がない場合)

第九百五十八条の二 前条の期間内に相続人としての権利を主張する者がないときは、相続人並びに相続財産の管理人に知れなかった相続債権者及び受遺者は、その権利を行使することができません。

(遺産の分割の効力)

第九百九条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生じます。

ただし、第三者の権利を害することはできません。

 

マイナスの相続について

相続とは、被相続人の財産上の権利と義務の両方を引き継ぐことですから 当然と言えば当然でしょう・・・

遺産にはプラスの財産以外にマイナスの財産があることは、先にも述べたとおりです。

相続とは、被相続人の財産上の権利と義務の両方を引き継ぐことですから当然と言えば当然でしょうか。
“マイナスの相続について”の詳細は »

相続で遺産分割協議がまとまらないとき

家庭裁判所に相続財産分割してもらうように依頼をかける必要があります。

分割協議がまとまらないときには家庭裁判所に
分割してもらうように依頼をかける必要があります。
調停もしくはその後進展するなら審判(裁判)です。
“相続で遺産分割協議がまとまらないとき”の詳細は »

« 過去の記事